>

> 【FGO】《ネタバレ注意》彼のオフェリアに対する行動について!皆の反応まとめ

【FGO】《ネタバレ注意》彼のオフェリアに対する行動について!皆の反応まとめ(23:00 更新)

2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 10点(2)(10点)
このエントリーをはてなブックマークに追加







破壊でしか返せないのは切ない…

 

 

みんなの反応まとめ!

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 


愉悦麻婆三号


最初はただ邪険に扱われただけに見えましたがこれでも嬉しかったのかな。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
10点(2)
Loading...

カテゴリ「2部」の最新記事

カテゴリ「twitter」の最新記事

この記事のコメント(17 件)

  1. 名無しのFGO より:

    カルデア一行やオフェリアにこれだから人間はとか散々なこと言っておきながら自分が一番センチメンタルとかいうオチ。話かけてくれたのが嬉しくて恩返し(破壊)とか乙女か

  2. 名無しのFGO より:

    2部2章における対人関係拗らせた男 人外の片思いとして本当よくできてた

  3. 名無しのFGO より:

    "何をしてやれるだろう""何を返せるだろう"の答えが「星の終わりを一緒に見よう」だもんな このぶっ飛んだ考えじゃあ到底オフェリアには伝わらないという ただスルトの心情を知った上で最初から見ると本人なりに騎士をやろうとはしてたんだよな

  4. 名無しのFGO より:

    なんつーかラストのアレみたら オフェリアの傍にいられるだけで幸せだったんだろうな そのうえで何をしてやれるだろう=自分できる事は破壊だけってのが… オフェリアに心情吐露してれば何か変わっただろうかね

  5. 名無しのFGO より:

    自分の一番大事なものだから!って好きな子にセミの抜け殻あげて、その女の子に嫌われる小学生男子みたいだなスルトって呟きをどっかで見てめちゃくちゃ納得した。自分があげたいものと相手が欲しいものが重なるどころか真逆だったら例え好意でも嫌悪されるよなあ。その辺りが情緒や対人スキルが育ちきってない人外って感じで、哀しいけど好き。

  6. 名無しのFGO より:

    思考回路が理解できなかったがそれはそれで良いような気がする

  7. 名無しのFGO より:

    オフィリア自身によって殺された愛情 スルトの破滅的な愛情 対照的ながらも思い通りにならない愛のあり方が共通点だったのかな ともかく二章の登場人物は愛のあり方をそのまま表現しててうまくまとまってると思った

  8. 名無しのFGO より:

    純愛と言えば聞こえは良いが、やってる事は一目ぼれからの熱烈ストーカー行為だからなあ…思考が人間とは違うってのはあるにしても、素直に好意とは受け取れないわ

    • 名無しのFGO より:

      それに洗脳やら呪いも掛けてるしな 言ってることは純情だけどやってることは鬼畜

      • 名無しのFGO より:

        純愛っていうよりは他に愛し方を知らないんだろうなって思ったわ。自分から離れて欲しくないから呪い掛けたり、喜ぶと思って星の終わり見せようとしたり、やっぱり神と人間は相容れないんだなって

  9. 名無しのFGO より:

    二部二章はFGOにしては珍しく愛とか恋の要素が多めだったね まぁシグブリュ夫婦以外は実るどころか自覚もしてないのばっかりだったけど

  10. 名無しのFGO より:

    冷たくされて喜んでるまである

  11. 名無しのFGO より:

    ナポに間男発言あったりとなんとなーくオフェリアに対する愛情を感じてたけどここまで溺愛してると思わんかった。

  12. 名無しのFGO より:

    それでも強化無効3ターンは許さない。弱体解除で消えない強化無効3ターンは許さない。

  13. 名無しのFGO より:

    好きだけど相手の事情は考えないってのが神様感があっていいキャラしてた とりあえずオフェリアちゃんは神の愛被害者の先輩オリオンに色々アドバイスしてもらおうぜ

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加