>

> 【FGO】微ネタバレ!結果的にレフ教授のおかげでセイレムは事なきを得たね!

【FGO】微ネタバレ!結果的にレフ教授のおかげでセイレムは事なきを得たね!(12:00 更新)

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0点(0)(0点)
このエントリーをはてなブックマークに追加







ゲーティアさん、しっかり保険を掛けていたんですね。

 

 

みんなの反応まとめ!

 

 

フラウロスがなぜシバを作ったのか疑問だったけど、魔神柱を監視する目的だったのね!

 


 

・今回の魔神柱氏、フラウロスがシバなんか作りやがったから云々と激おこだったのにはちょっと笑ったわ。  またレフ教授の行動が裏目に出てしまったのか。

 


 

かつてレフ教授(フラウロス)がロマニくんにしたように、「君は優秀だね!だから邪魔!」みたいなノリで私はすごく楽しかった。

 


 

・なんだかんだでゲの目的は人類の救済なのでそこから外れた魔神柱は人類の敵 つまりカルデアの敵 だからシバに命令違反魔神柱を見つける機能を搭載してても違和感無いからバレないと フラウロスお前頭良いな……

 


 

・魔神柱統率のためのセーフティが仕込まれていて、巡り巡ってカルデア側の助けになったのなんというか因縁を感ずる……そんな名前をつけるからだよ。

 


 

ていうか案の定シバにフラウロスが仕込んでたわけだけどほんとにこれで終わりか?

 


 

レフがシバに仕掛けを施したように、他に何か保険を掛けてたとか

 


 

・フラウロス、シバ、自動召喚。このあたりがキーワードかなぁ やっぱオルガマリー関連で何か起こりそうな気がする。

 


 

・1.5部PVでホームズの言ってた致命的な見落としって、カルデアの近未来観測レンズ“シバ“の事か?

 


 

今回の件で「シバ」が半自立的に行動・英霊を召喚が可能だという事が証明されたわけだ。 元はフラウロスが設定したセーフティとはいえ、やってる事はその領分を超えて意思すらちょっぴり感じてしまうよね

 

 


愉悦麻婆三号


タイトルに『セイレムは』としましたがこの文章からだと亜種特異点は全てセーフティが働いた事になりそうですね。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
星をクリックで記事を評価!
Loading...

カテゴリ「1.5部」の最新記事

カテゴリ「FateGO」の最新記事

この記事のコメント(9 件)

  1. 名無しのFGO より:

    皮肉だね。同胞の行いで自分たちの不利益が被るなんて。

  2. 名無しのFGO より:

    レフ教授が職員選別したせいでフォウ君がまともに育ったし

  3. 名無しのFGO より:

    正直ここが一番のガッカリポイント もっとこうシバが動いた理由は未来に関するなにかが関わってると思ったのに…

  4. 名無しのFGO より:

    レフは所長燃やさず、2章レオニダスちゃんと運用してたら好きだったんだがな。

  5. 名無しのFGO より:

    そっか。レフがカルデア爆破しないと、40人以上のマスター(基本的に鬼畜かクズ)によるドロドロの人間関係が原因でフォウ君がプライミッツマーダーになっちゃう可能性が高いのか。

    • 名無しのFGO より:

      聖杯を回収した瞬間、ヒャッハー!人理修復なんざ知ったことかぁ!俺はこの聖杯で根源を目指すぞぉ! って特異点Fでいきなり裏切る予想

    • 名無しのFGO より:

      つーか肉体の後に念入りに所長殺したのそのためじゃね? 疑心暗鬼の塊で、アニメ含むFGOの描写じゃやたら高圧的で、名門の生まれや魔術の腕、所長って立場を自分から強調して他者と「比較」しまくってるし 2部も所長とフォウ君の復活が連動するとか

  6. 名無しのFGO より:

    この手の仕込みが明らかになるほど、アレだけ追い詰められてもなお「万分の1でも失敗の可能性があるなら創世を実行しない」終局の完璧主義ゲーティアと、最初からいくらでも邪魔の入る確率を0%に出来た(他の魔神柱にやらせてもいい)のにしなかった途中のゲーティアに運営の都合を感じてしまう 自分は演算に集中しながらでも柱は動かせるしションベンに立つ暇はあるし 変に限定せず初手爆破で全て吹き飛ばすか、そのままレフに生き残りを掃除させておけば終わったやん

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加