>

> 【FGO】北米版の公式サイトを見ると日本との違いが見えて結構面白い

【FGO】北米版の公式サイトを見ると日本との違いが見えて結構面白い(12:00 更新)

3 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 5 15点(3)(15点)
このエントリーをはてなブックマークに追加



 


当たり前だけど英語だぁ…




北米版の公式HPがいつの間にやらオープンしていたので見に行ってみました。これ、日本版と違ってるところとかあって結構面白いですよ!(http://fate-go.us/)

 


まずは最初のページ。今年の夏に配信予定のようですね。

画像左下に見えていますが、事前登録キャンペーン的なものも行うようです。

 


詳しく見てみると、どうやら公式FaceBookのいいね!の数に応じていろいろプレゼントされるようです。

なんとプレゼントの中に旅のはじまりが!

 

お次は世界観の項目。まずはストーリー。

 


基本的な流れは変わっていませんが、物語開始時の年代が2017年、人理崩壊が2019年に変更されています!北米版のリリース日に合わせたんですね。

 

以下翻訳
「しかし、2017年に…

警告なしで、Shivaによって記録された将来のドメインは消えました。
同定された計算は、2019年の人類の絶滅を証明した。

どうして?どうやって?誰?どういう意味ですか?
Chaldeaの研究者は、これらの質問によって困惑した。」

 

キャラクター紹介。

向こうでも”先輩”は”Senpai”なんですねぇ~。

 

以下翻訳
「Chaldeaで主人公と出会った神秘的で親切な少女。彼女は主人公のことを「先輩」と呼びます。」

 


彼らの真名は一体何なんだ…!?ちなみにCVは変更無し、日本と同じみたいです。

 


ギャラリーからはトレーラー等の閲覧も可能。内容は日本語を英語にしてあるだけで、ナレーションはやっぱり日本語。

普通に見ようとすると「お住まいの国では公開されていません」と出てくるので、見たいなら適当にプロキシ通すなり何なりしてください。

 


 

愉悦麻婆三号

というわけで北米版サイトの紹介でした。
見る限り北米版は日本版と基本的には変わりないようですね。
ストーリーが若干変わっているので、向こうだとやばそうな宗教関連とか、差別を連想させる表現とかは変更されてるかもしれないですね。
あと牛若丸のイラストが特に変更されてないので、イラストの規制や変更はあんまりないのかな?
15点(3)
Loading...Loading...

カテゴリ「FateGO」の最新記事

カテゴリ「雑談」の最新記事

この記事のコメント(15 件)

  1. 名無しのFGO より:

    中学生レベルの英文和訳を 翻訳、とか書いちゃってるけど 恥ずかしくないの?

  2. 名無しのFGO より:

    機械翻訳でしょ…

  3. 名無しのFGO より:

    庄司が頑張って翻訳したから。庄司英語で書かれてる文章だから

    • 名無しのFGO より:

      英文が変なんじゃなくて、管理人が翻訳サイトかなんかにぶち込んで出て来たヘンテコ和訳をコピペしただけじゃね?

  4. 名無しのFGO より:

    向こうの人に受けるのかねぇ 中国台湾辺りは好評みたいだけど…

  5. 名無しのFGO より:

    牛若が通るなら規制の心配はないね(笑)

  6. 名無しのFGO より:

    ふふふ…ジャックちゃんに酒呑ちゃん、メルトちゃんも控えてるんやで…

  7. 名無しのFGO より:

    管理人ってもしかして低学歴ですか?

  8. 名無しのFGO より:

    草ってなんやねん

  9. 名無しのFGO より:

    学歴厨シュバってきたか

  10. 名無しのFGO より:

    北米版もミルフィーユなのかな

  11. 名無しのFGO より:

    差別に宗教に児童ポルノと先進国では反社会的な表現てんこ盛りなのはどうするんだ?

  12. 名無しのFGO より:

    翻訳って普通に日本の公式から同部分引っ張ってくればいいのに機械翻訳する意味なかろう

  13. 名無しのFGO より:

    シェイクスピア、アメリカ英語でどう翻訳するんだろう

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加